先般、池袋の風俗・デリヘルで遊んだ実体験

池袋で演芸場の帰り道、食事のあとスナックで一杯飲みながら妙に女がほしくなったので、マスターに風俗店の様子を聞きながら付近の風俗・デリへ電話してみた。
予約したのは人妻・熟女店のサイトで特に新人欄で見つけた「Aさん」。
確認の電話が来て10分後、待ち合わせ場所に現れたAさんを見て、ファースト印象は「先ずは当たりかな」、元より美人は期待してなかったが、意外とそこそこキレイと言えばキレイかな。

ラブホに入って支払いを済ませ、部屋でのトークタイムも感じが良い。
身長は俺よりやや低めの160cm弱くらいかな、それにしても太股のムッチリ感が色っぽく、姫の具合も期待が持てそうである。
ベッドで俺が上になってキスすると、すぐ察して「受け」の体勢になった。
オッパイやお尻もボリュームがあって、若い子と違い男慣れしたムチムチの触感がたまらん。
下の毛はやや薄めであり、手マンしても特に嫌がる素振りを見せない。 「指、奇麗・・?」と優しく聞く。 「さっき、石鹸で洗ったから大丈夫だよ」

片方の乳首を咥えて舌先で転がしながら、指でもう片方の乳首をクリクリする。
もう片手をマンコに這わせ、2本指で膣の上壁を刺激しながら親指でクリ攻め。
3点攻めが効いたらしく、アキさんは「あっ、あっ、あああぁ~~!」と昇天しそうである。 3998833959_409db35ace_b
そして、今度は攻守交代でAさんが上になって、手コキからフェラしてくれた。
チロチロ、ペロペロ、ジュプジュプ、うーん、結構上手にしてくれる。
一生懸命だし、この方が人妻っぽくていいか、と都合良く解釈した。

手コキが更にエキサイトしてきて、興奮の極致、ついに我慢の限界を超えた。
「アアアッ、出るよ」というと、くるっと回転して、「お腹に出して」と言ったのです。

サブコンテンツ